浜名湖レディースチャンピオン激アツ予想

事前予想
8月4日~6日


生配信予想
8月7日(土曜日)~9日(月曜日祭日)



お申し込み

//ws.formzu.net/fgen/S21507952/









 


浜名湖レディースチャンピオン激アツ予想会 

会員募集



目的

予想を実践で体感しながら競艇脳を育てる

競艇の稼ぎだけで暮らせるようになること

一時的な儲けを追求するだけの内容ではありません

ルービック的な視点で予想内容を詳細に説明

積み重ねが競艇脳の引出し増やしを育てることでしょう



お申し込み

//ws.formzu.net/fgen/S21507952/





規約&概要
 
事前予想
2021年 8月4日オープンから最終日まで

生配信予想

8月7日(土曜日)~9日(月曜日祭日)

1日5レースほど



会費


2,800円
 プレゼント
負滅買い目秘伝書
ゲバラの標的
 
舟券種

 2連単・3連単・すき青
配信方法内容

 

登録のアドレスに事前に送信

1日5レース前後を提供致します

渾身の予想です

Q&A
質問を受け付けます

回答は非公開

個人情報厳守します
 
予想に関する問い合わせ
明日の●●レースを予想しましたので

チェックお願い致します

などはお受けできません

 
舟券購入
事前予想を元に舟券購入されるのは自由ですが

個人責任となります 

私の発行している
商材の特別価格でのご購入

お問い合わせ欄からご相談ください

https://ws.formzu.net/fgen/S79018308/

転載・転用は一切禁止 
予想の転載・転用は一切禁じます

 
問題発生の場合 
紳士的に対応致します 

お申し込み

//ws.formzu.net/fgen/S21507952/






 
特別プレゼント


負滅買い目秘伝書





第7の展示情報 ゲバラの標的






 

昨年末にクイーンズクライマックスが行われた浜名湖だが、
そのイメージのまま舟券予想をすると痛い目に遭う可能性が極めて高い。

冬の当地と夏の当地はまるで別の水面だと思った方がいい。
特に女子戦はその傾向が強い。
そもそも当地の女子戦は全国平均と比べるとインコースがやや弱く
カドの4コースが強い。まくりが決まりやすい特徴もあり、
カド攻めが利く当地の女子戦は波乱が生まれやすい。


しかし昨年のクライマックスではインコースを含む内コースが猛威を振るった。
特に2コースが強く、節間通しての1着率は23.6%を占めたことで、
内が強いというイメージが残っているファンも多いだろう。ただ、
ひとまずそれはリセットした方がいい。

当地の夏場は向い風がほとんど。

逆にクライマックスが行われた冬はほぼ追い風だった。
この差はレース傾向に表れる。
昨年9月に行われた当地の女子戦では4コースのカドまくりがバンバン決まった。
節間の4コース勝率はなんと21.4%。
まくり率に至っては27.8%という数字を残している。
気温上昇によるパワーダウンと向い風で、
下手するとイン壊滅という状況に陥っても不思議ではない。

また、2コースの差し切りも夏場ではかなり減少傾向にある。
出足が落ちるため、落として回るとエンジンの反応がついてこないことがあるためだ。
タイプ的に見るとスピードをつけて握っていく選手が夏場では好成績を残す可能性が高い。
そういう意味では若手にチャンスがある。
ただ、それは良いエンジンを引ければの話だ。

ちなみにエンジンは当地おなじみの中間整備が入った48号機の行方が気になるところ。
整備が入った節で繁野谷圭介が優勝。続く古川誠之も好成績を残した。
このほかでは51号機の伸びがかなり強力。
次点で8号機、38号機あたりにも注目したい。
ダッシュが利く夏場は特に伸びるエンジンは要チェックだ。




8月4日から9日まで浜名湖で開催される「レディースチャンピオン」。
夏に行われるようになって、10回目。
今年はスピード戦が期待できる当地での開催となった。


昨年、当地ではクイーンズクライマックスが開催されたばかりで、女子戦のGIは連続の開催である。
しかし、冬場と夏場ではまるで傾向が異なる当地。
上位陣が苦戦するシーンはレディースチャンピオンでは恒例となっている。


そんな中で優勝候補の筆頭と目されるのは遠藤エミ

今年はすでに10優出4優勝(7月中旬時点)と年明けから好調をキープしている。
ただ、遠藤にとって当大会は意外と鬼門となっている。
過去に3回の優出はあるものの、すべて6号艇で4、6、6着と苦杯をなめてきた。
今年は調子の良さに加えて、昨年から夏場の苦手意識を克服したことが追い風となりそう。
念願の初制覇は十分に視野に入っている。

遠藤以外ではドリーム戦に乗る面々はもちろん優勝争いを演じてくるだろう。
ドリーム1号艇の小野生奈は2017年の芦屋大会で優勝戦経験があり夏にも強いイメージがある。
連覇狙う平山智加は6号艇発進だが、ドリームの6号艇は実は予選得点では一番恩恵が大きいと言ってもいい。
6着でも5点(通常は1点)で4点増しだからだ。初戦で上位着を取れれば一気に波に乗る可能性もある。

ドリーム落ちとなったが、平高奈菜や大山千広もV圏内。
特に昨年の女王・平高は今年も年明けから調子落ちすることなく3回の優勝を果たしている。
SGで経験を積んでいることで、さらなる成長もあり、
クライマックスに続く女子戦のGI2冠はあっさり成し遂げてしまうかもしれない。

今回、最大の伏兵といえば高田ひかるだ。
猛烈な伸びを武器に女子戦で暴れまくっている。
ほとんどの選手が「同じレースになりたくない」というほど周囲に脅威を与えている伸びは必見。
コース問わず勝てることが最大の利点で、
準優や優勝戦でも最悪どんな枠番でも乗れれば勝てるチャンスが他の選手より大きいことが強み。
課題はスタートだが、良いエンジンさえ引ければ台風の目になることは間違いない。

地元からは長嶋万記、池田浩美、三浦永理、倉田郁美、土屋実沙希、山下友貴の6人が出場。
実績では長嶋や三浦が上位だが、近況の動きは池田が一番か。
エンジンが良い時は無類の強さを披露することも多い。
元々、ターンは女子の中でも屈指の存在と言われ続けてきた池田が地元水面で花を咲かせる可能性は十分ある。



w


w